« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月14日 (水)

イキるモス

2日目(日)

午前中は青空が広がり良い天気。午後から雲が出、パラパラ雨が降るも

問題なし。平和に楽しいアジリティーが出来るこの日に感謝。

前日の2度UPで、1度のJP、AGを2度に変更し出場。Bonoはスーパーベテランズ

に出場。

JP2・・・スタート後のフロント処理は、まあまあ上手く処理出来たが、

次の180度で、Mossは大きく“ふく”というか、スラへ走ってゆく。

大声で戻し、何とか失格をかわす。

その後、自分がデレクションコマンドを忘れ、フラッとさせたが、

ノーミスで完走。1席をもらう。

初2度で、JP2をゴタついたがノーミス完走・・・すごいやん。

Img_2618

AG2の前に、御大Bonoのスーパーベテランズ。

NV1のコースなので、検分には問題ない。

Bonoはリンクへ入る前に、タグをかんで離さず、もたつく。

気チガイか?いつも何かをしでかし、すんなり事が終ったためしなし。(笑)

スタートは、フライングされても、どっちでも良かったのだが、

座らないお尻の浮いた状態で待っていた。笑わせるなBono・・・

年を感じさせない、豪快な走りを見せる。バーが30㎝と低いので、

ほとんど走っているだけという感じ。

Mossでデレクションをやっているので、デレクションを使えないのは不便と感じるなー。

次は、パフォーマンスクラスに出るかな。・・・な、Bono!

久々のボノとの走り、おもしろかった。サンキューBono!

さて、いよいよ、モス君初のAG2。

JPより易しいと思えた内容だったが、結果、バー落下2本させ2席。

スタートのフロントで、大きく後ろをとられ、ゴタついてしまう。

勢い良く2本跳んできた後、90度にコースを変えることに、まだまだ慣れていない。

これは今のモスにはショウガナイ。

その後は、上手く走り切れた。

十分とは言えないが、2度のコースをMossは走れるようになっている。

この2日間で色々なことが見えた。

デレクションで間違うことなく反応しているし、スラも抜けない。

コンタクトもちゃんと踏んでいる。障害への突進力もついてきた。

しかし、足りない所も多くあり、これは今後の練習課題。

あまりやっていない、フロントでの処理、小さく回わる切り返しのスピードが遅いなど。

スタート前の興奮もMAXになってきていて、

Mossはアジがすごく楽しいものと思いはじめている様子。

ハンドラーも、デレクションに馴染み始めたが、肝心な所で、逆を言ったり、

忘れたり・・・しっかりせねば。

この経験を、次へと大きく生かそうと思う。

Moss、よくがんばったな!

お前とのアジが、本当に楽しくなってきて、ものすごく嬉しいよ。

ありがとう!

さあ、もうTT2合格は待った無しに迫っている。

Img_2649    Img_2654_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

我らはチャレンジャー

3月10日(土)くもり、OPDES A-1 六甲2Days、1日目

寒のもどりで少し寒かったが、雨の予報がくもり晴れにかわり、幸運を感じる。

前日までの雨で、グラウンドコンディションが心配されたが、水たまりもなく、

駐車場が少し離れていることを除けば、良い競技会場ではないか。

この日は、MossのJP1、AG1、スヌーカー&ギャンブラーの4走。

自分自身、競技会で4走することも久しぶりのこと。

それだけで血が沸くのだ。

スヌギャンは、今のMossにとっては、無謀とも言えるが、1度犬も堂々と出れること

になったし、セミナーを受け、ルールや攻略方法も頭ではつかめた!?し、何より、

人犬共に貴重な経験になると思ってのエントリー。

そう、我らはチャレンジャーなのだ。

さて、JP1・・・検分では、問題なく走りきれると思ったのだが、現実はそうあまくない。

スタート後の180度をインハンドで回し、U字の右トンネルへ入れるのだが、

逆に入られてしまい失格。

あまかった・・・

簡単に考えすぎた。呼びが必要だった。

その後は、気持良く走れただけに残念だった。

スヌーカー・・・コース図をもらった後、アタッ!やめときゃ良かった・・・と正直思った。

難しすぎる・・・しかし、今のMossに出来るコース取りでやれば、何とか走れるはず・・・

関西では、初のスヌギャン、出場犬も17頭、ラージクラスはなんと、Mossのみ・・・!

プレッシャーも楽しさも感じながらスタートへ・・・

一本目のレッドバーを飛ばして、⑤A⑤Bの組障へ導く予定が、

スタートのバーを飛んで、即、迷うことなく、少し離れたトンネルへ突っ込むMoss・・・(笑)

即、フィニッシュバーへ。

なんとも、不様なスヌーカー初体験となってしまった。

まだ、トラップや手元に引き寄せることが出来ていない。

スタートは、しっかり待っていたが・・・

2度昇格が懸かったAG1。しかしながら、それを考えると、ビビりながらのハンドリング

になり、ギコチなくなるから、あまり考えずにいた。そう、考えてはならない。

道なりにゆけばこなせる内容。

思いっきり走ろうと思った。スタートの待てもOK。

右90度右90度で1本バー落下!

もう後がないと思ったが、全力出し切るつもりは続く。

ソフトトンネル後、少しブレたが、シーソーもMossは狙いを定めてまっすぐ入り、

フィニッシュ!

1ミスで2度UP!そして1席をゲット!

これで憂いなく、ギャンブラーを走れる。攻めるぞ!

高ポイントのDW、スラを2回ずつ取るコースを設定。

1回目のスラはOK、次の1点のバーを飛び、DWのはずが、またしても、予想外の

トンネルへ突入するMoss。

しかし、落ち着いて、1点のバーを飛ばして、DWそして、導いて再びスラへ。

ところが今度は途中で抜けて、何度かやり直し。→タイムロスで、2回目のDW中に

オープニング終了のブザーが鳴る。

早く、クロージングへ入らねばと焦る自分。

Aフレを高速ですませ、少し遠隔のクロージングへ入る。

2本目のハードル後(ここまでは上手く行った)、「バック」コマンドを「ライト!」と叫ん

でしまい、Mossは素直にライトへ回り、トンネルへ入りゲームオーバー!

フィニッシュへ・・・「すまん!モス~」  

ぐだぐだな内容だったが、惜しかった。そして、おもしろかった!

最後に「ウォー!」という歓声で終えたかったなー。

ギャンブラーは28点、スヌーカーは0点だったが、

ラージクラスはMossのみだったので、悪いが1席を頂戴する。

決して良い内容ではなかったが、難しいものに出ることは、人も犬も必ず収穫がある

のだ。(順位やメダルではないもの)

無謀な出場だったけど、スヌギャンは本当に面白い。

コース攻略を自ら考えられるので、頭も使うし、犬の実力を見極められるし、障害の

つながりを考えられるし、限界も計れるのだ。

この日のミスは、ほとんどがハンドラーによるもの・・・モスはもっと上手く走れた

はずなのに・・・情けなや~

Img_2612

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »