« W失格ですが何か? | トップページ | イキるモス »

2012年3月14日 (水)

我らはチャレンジャー

3月10日(土)くもり、OPDES A-1 六甲2Days、1日目

寒のもどりで少し寒かったが、雨の予報がくもり晴れにかわり、幸運を感じる。

前日までの雨で、グラウンドコンディションが心配されたが、水たまりもなく、

駐車場が少し離れていることを除けば、良い競技会場ではないか。

この日は、MossのJP1、AG1、スヌーカー&ギャンブラーの4走。

自分自身、競技会で4走することも久しぶりのこと。

それだけで血が沸くのだ。

スヌギャンは、今のMossにとっては、無謀とも言えるが、1度犬も堂々と出れること

になったし、セミナーを受け、ルールや攻略方法も頭ではつかめた!?し、何より、

人犬共に貴重な経験になると思ってのエントリー。

そう、我らはチャレンジャーなのだ。

さて、JP1・・・検分では、問題なく走りきれると思ったのだが、現実はそうあまくない。

スタート後の180度をインハンドで回し、U字の右トンネルへ入れるのだが、

逆に入られてしまい失格。

あまかった・・・

簡単に考えすぎた。呼びが必要だった。

その後は、気持良く走れただけに残念だった。

スヌーカー・・・コース図をもらった後、アタッ!やめときゃ良かった・・・と正直思った。

難しすぎる・・・しかし、今のMossに出来るコース取りでやれば、何とか走れるはず・・・

関西では、初のスヌギャン、出場犬も17頭、ラージクラスはなんと、Mossのみ・・・!

プレッシャーも楽しさも感じながらスタートへ・・・

一本目のレッドバーを飛ばして、⑤A⑤Bの組障へ導く予定が、

スタートのバーを飛んで、即、迷うことなく、少し離れたトンネルへ突っ込むMoss・・・(笑)

即、フィニッシュバーへ。

なんとも、不様なスヌーカー初体験となってしまった。

まだ、トラップや手元に引き寄せることが出来ていない。

スタートは、しっかり待っていたが・・・

2度昇格が懸かったAG1。しかしながら、それを考えると、ビビりながらのハンドリング

になり、ギコチなくなるから、あまり考えずにいた。そう、考えてはならない。

道なりにゆけばこなせる内容。

思いっきり走ろうと思った。スタートの待てもOK。

右90度右90度で1本バー落下!

もう後がないと思ったが、全力出し切るつもりは続く。

ソフトトンネル後、少しブレたが、シーソーもMossは狙いを定めてまっすぐ入り、

フィニッシュ!

1ミスで2度UP!そして1席をゲット!

これで憂いなく、ギャンブラーを走れる。攻めるぞ!

高ポイントのDW、スラを2回ずつ取るコースを設定。

1回目のスラはOK、次の1点のバーを飛び、DWのはずが、またしても、予想外の

トンネルへ突入するMoss。

しかし、落ち着いて、1点のバーを飛ばして、DWそして、導いて再びスラへ。

ところが今度は途中で抜けて、何度かやり直し。→タイムロスで、2回目のDW中に

オープニング終了のブザーが鳴る。

早く、クロージングへ入らねばと焦る自分。

Aフレを高速ですませ、少し遠隔のクロージングへ入る。

2本目のハードル後(ここまでは上手く行った)、「バック」コマンドを「ライト!」と叫ん

でしまい、Mossは素直にライトへ回り、トンネルへ入りゲームオーバー!

フィニッシュへ・・・「すまん!モス~」  

ぐだぐだな内容だったが、惜しかった。そして、おもしろかった!

最後に「ウォー!」という歓声で終えたかったなー。

ギャンブラーは28点、スヌーカーは0点だったが、

ラージクラスはMossのみだったので、悪いが1席を頂戴する。

決して良い内容ではなかったが、難しいものに出ることは、人も犬も必ず収穫がある

のだ。(順位やメダルではないもの)

無謀な出場だったけど、スヌギャンは本当に面白い。

コース攻略を自ら考えられるので、頭も使うし、犬の実力を見極められるし、障害の

つながりを考えられるし、限界も計れるのだ。

この日のミスは、ほとんどがハンドラーによるもの・・・モスはもっと上手く走れた

はずなのに・・・情けなや~

Img_2612

|

« W失格ですが何か? | トップページ | イキるモス »

アジリティー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我らはチャレンジャー:

« W失格ですが何か? | トップページ | イキるモス »