« 2012年5月 | トップページ

2012年6月

2012年6月16日 (土)

若武者モスと我がままボノ

2012年6月10日

今シーズン、初の琵琶湖。

今日の天気は、くもり~昼からは晴れるとの予報。

昨日は、蒸し暑い中頑張ってアジ練をしたし、このところ毎週、練習頑張ってるし、

ここらで息抜きも必要だ。

シーズンにはまだ早いから、家から目的地までスイスイと到着できた。

それでも、湖面には、バスつり達がかなりの数、来ていた。

今まで、車からその様子を見ているが不思議なくらい誰ひとりとして、hit!している

瞬間を眼の当たりにしたことがない。

これは本当に不思議だ!(笑)

いつもの場所へ陣取り、そのうちおた家も来てタープを張り、犬達を泳がせる。

いつもモスは、犬の群れから少し外れた所で水に浸かっているが、

この日のモスは、進んで群れの中に入っていって、夢中にオモチャを追っていた。

時々近くを通るボートの音にも怯える様子もなく、普通にしていた。

この1年でいろんな経験をし、少しづつモスは強くなっているように思う。

かなり遠くへ流されたオモチャも、独り黙々と泳いで回収してきたし、

モスは立派な若武者に成長したんだな・・・

その顔を見ると、イヤイヤまだまだ幼く見えるけど。

ボノは成長なく、相変わらずの暴れぶり。

オモチャがなければ、文句を言うように吠えまくって、どこまでも泳いで行こうとする

ありさま。

一休が、付き添うように一緒に泳いでくれていたので不安はなかったが、

(一休にすれば、オジサンがワイワイ吠えながら泳ぐ方角に、何か面白いものがあ

るのでは?という感じに思ったのでは?)

毎度お約束のこの怒りの泳ぎには参ってしまうな・・・

仕方なくおもちゃを与えると、今度は離さないし・・・。

今年で10歳になるというのに、手がかかること・・・。

ドが過ぎないように、早めに切り上げ車に戻ってもらった。

時々顔を見せる太陽だったが、汗を無駄にかくこともないほどの涼しさよ。

人間は快適だったが、水に入る犬達には少し寒かったようだ。

隣に建った別荘なのか保養所なのか?、リゾート気分満載な様式にうっとりし、

アクセクする日常生活とのギャップに、ため息が出る。

けれど、こうして、たまの息抜きが、日常の頑張りを支えてくれるのだ。

大切なもの達との楽しい時間こそが、セラピーなのだ!

さあ、明日からもがんばろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

そんなに甘くはないよな・・・ほろ苦3度デビュー

2012/5/27  OPDES 木曽三川公園

P泊場所は決めていた。

ただこんなに改造車が集まっているなんて・・・

なんとか車を駐車し、早々に寝る体制へ。

回りが騒がしくなかなか寝付けなかったが、夜中目を覚ますとPAを埋めていた車は

一台もなく消え失せ、静まり返っていた。

どんな集まりだったの?目的は?

今回の会場は、駐車場とトイレが遠いことを除けば、とても奇麗で良い場所だった。

天気は、人犬とも、この暑さが限界というくらいに良すぎた。

ヒリヒリ日焼けし、頭が少しボーっとするほどの日射しジリジリ、雲はなし。

今大会からモスは3度に出走。

ハンドラーの頭を考え、JP3を外し、JP2、STP、AG3の3走決め。

目標は初のAG3とSTPにどれだけ対応できるか、次のシーズンへの課題探し。

【JP2】

スタートのハードルからシュート→180度旋回。

思い切って180度旋回をフロントすることにしたが、シュート後、勢いよくフロントポ

ジションに走りすぎ、そしてモスも勢いよくシュートを飛び出て180度旋回のひとつ

目のハードルを走り越えてしまう。

シュートだったので予想できていないといけなかったのだが、ハンドラーはアホすぎた。

予想外の飛び出しで、たたらを踏んであわや転倒しそうなほど足を滑らす。

その後は、検分通りのハンドリングでゴール。

拒絶1で完走。シュート出口を甘く見すぎてしまった。

【スティープルチェイス】

やはり難しい内容だったが、走りきれる自信はあった。

スタートから、スラの出口までは、ほぼ完ぺきな内容。スピードも良し。

スラのあと、ロングジャンプを後ろ向きにケチカっぽくハンドリングしたら、モス君、

ロングジャンプをテケテケと歩いてしまった。

ロングジャンプは飛び幅が要るので、手の振りだけでは伝わらなかった・・・

その後は、ウイングレスを拒絶、ハードルも拒絶で、大いにタイムロス。

気後れして検分通りのハンドリングが出来なかった。

STPは、拒絶を取られないので、1失敗で完走。

グダグダな内容で、良かったのは、初めから中盤まで。

タッチ障害からの送り出しや、リアを急に切ってしまう悪いクセが出て、

上手くハードルを飛ばせてやれなかった・・・。

【AG3】

検分で、これもこなせる手応えを十分に感じていた。

リア、送り出しに注意すること。スタート前の練習バーで、そのシュチュエーションを

何度かやり、自信満々でスタート位置へ。

ラージクラス、1番目だったので、バーの高さを上げる時間も優位に、万全万全で

リードアウト。

ところが・・・  スタートのタイヤをモス君はスルー!?

「アーッ!」  「エ~ッ!?」

失格覚悟で戻ってやり直すも何回もスルー!!

JP2も、STPもタイヤをキッチリ飛んだのになぜ??

スタートがタイヤだったからか?

ようやく体をタイヤに引っ掛けながらこなし、その後は、ノーミスで走り切った。

誠におしい。実におしい。タイヤ飛べないことなんて初めてのこと。

アジはこんなふうにして、予想外のことが起きるもの。

ほろ苦い3度デビューだったけど、モスの良い経験になったと思う。

失敗をしてまた成長するもの。

僕とモスにはそんな過程が合っている。次は必ずやり返すぞ!

【総括】

3走とも、スタートの待て、スラローム、デレクション、タッチはノーミス。

アテンションを入れた小回りも良かった。

これは、頑張って練習してきた成果が存分に発揮出来ていて、満足のいく内容。

この調子で経験を積んで行けば、十分走れると実感した一日だった。

課題は、ハンドラーの検分力、応用力を高め、検分したイメージと実走が合うよ

うに。

モスのスピードも、もっと上げないと。

障害間で距離がある時の進入スピードも上げたい。

リアを切るとスピードが遅い・・・シーソーも遅い・・・など、課題はたくさんあるな。

オフを有意義に過ごしたいものだ。

モス、よくがんばったな!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ